本陣平野屋 花兆庵

おごと温泉 びわこ緑水

おすすめの宿
お宿うち山
伊豆高原 お宿うち山
おごと温泉 湯元舘
山の茶屋
箱根湯本塔ノ沢温泉 山の茶屋
季節の宿特集
全国花火大会情報 全国花火大会情報 冬の味覚の王様 かに特集 ビーチ・海水浴場情報
2009夏休み特集
6・7月限定!アーリーサマーお得な宿泊プラン

2008年04月16日

和洲閣

和洲閣

一年を通して様々な海の幸が捕れる志摩地方。
その季節の旬の味を一番美味しいかたちで味わっていただけます。
今日捕れた新鮮な魚の舟盛と海鮮料理をお楽しみ下さい。

〒517-0703 三重県志摩市志摩町和具524
TEL0599-85-4567  FAX0599-85-6336

その他最新情報
posted by ララ at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

味の宿 浮島

味の宿 浮島

味の宿 浮島は、三重県・伊勢志摩の中心、的矢湾の真ん中に浮かぶリゾートアイランドの渡鹿野島(わたかの)にあります。
ここの自慢はなんといっても地元伊勢で取れた新鮮な魚貝をふんだんに使った手作り料理!

船盛り、伊勢海老、鮑、車海老、伊勢海老ボイル、焼き魚、焼き貝など伊勢志摩の新鮮な海の幸ほとんど満喫の新鮮会席コースや、

味の宿 浮島 料理

クエ鍋コース、的矢かきコースなど他にもさまざまな絶品コース料理を用意しています。

宿の前ですぐに釣りができたり、ビーチまでも徒歩5分と何をするにも徒歩移動でOK!
島全体が散歩道です。
車も無く綺麗な空気に静かな環境でアイランドテラピーをお楽しみください。

〒517-0205 三重県志摩市磯部町渡鹿野50
TEL.0599-57-2192 FAX.0599-57-2645

その他最新情報
posted by ララ at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

タラサ志摩ホテル&リゾート

タラサ志摩ホテル&リゾートタラサ志摩ホテル&リゾートタラサ志摩ホテル&リゾートタラサ志摩ホテル&リゾート

タラサ志摩ホテル&リゾートは日本の海岸線の中でも特に美しい自然を残す伊勢志摩にあります。ここは、古くから海と深い関係を保ち、美しい海を大切に守ってきました。恵まれた自然環境、清らかな気候、澄んだ海水。志摩の海は、タラソテラピーを核とする、リラクゼーションリゾートに必要な、この3つの条件を理想的な形で備えた稀有のリラクゼーションリゾートです。

〒517-0025 三重県鳥羽市浦村町白浜
TEL 0599-32-1111 FAX 0599-32-1109

その他最新情報
posted by ララ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

津都ホテル

津都ホテル

県のほぼ中心部に位置する、県都にふさわしい本格的シティホテル、「津都ホテル」。津城跡、偕楽公園と県立美術館めぐりにも最適の場所であり、客室からは、鈴鹿山系と伊勢湾を眺めることができます。大阪、名古屋にも便利な距離で、ビジネスはもちろん観光の拠点として、ご利用頂けます。皆様にご満足いただけますよう、従業員一同「心のこもったおもてなし」を合言葉にお迎えいたします、皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

〒514-0027 三重県津市大門7-15 津センターパレス
TEL 059-228-1111 FAX 059-227-3764

その他最新情報
ラベル:津都ホテル
posted by ララ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥羽国際ホテル

鳥羽国際ホテル"

鳥羽の海を眺望するハイグレードなくつろぎ、ゆったりとした宿泊スペース、新鮮な魚介類をふんだんに使ったエピキュリアン料理。伊勢志摩の迎賓館として歴史を積み重ねてきた鳥羽国際ホテルは“上質な時間”お愉しみいただけるよう、温かみのあるホスピタリティで皆様をお迎えします。

〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽1-23-1
TEL 0599-25-3121 FAX 0599-21-0054



その他最新情報
posted by ララ at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

賢島宝生苑





昭和天皇が行幸の砌、植物のご観察におでましになられ、こよなく愛された賢島の地「宝生の鼻」。「賢島宝生苑」という名前は、その尊い場所に由来しています。きらめく太陽と真珠の海に包まれた、全く新しい和風リゾート。旅情豊かなこの地で、星の数ほどのくつろぎをどうか、存分にお楽しみください。

〒517-0593 三重県志摩郡阿児町神明718-3
TEL 0599-43-3111 FAX 0599-43-5371

その他最新情報
posted by ララ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 三重 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。